【体験談】コンクリート打ちっぱなしの物件に住んでみて分かったこと

LIFE

コンクリート打ちっぱなしの物件って憧れませんか?

お洒落なイメージがあり、住んでみたいと思っている方も多いかもしれません。

しかし、コンクリート打ちっぱなしの物件には、メリットだけではなくデメリットもあります。

僕が一年半住んでみて分かったことを紹介します。

1.コンクリート打ちっぱなしのメリット

 

コンクリート打ちっぱなしのメリット1:おしゃれ

一番のメリットがコレです。

家にいるだけで幸せな気分にひたれます。デザイナーズマンションであることが多く、ワンランク上の部屋に住んでいるという満足感も得られます。

部屋自体がお洒落なので、インテリアも楽しめます。

コンクリート打ちっぱなしのメリット2:防音性が高い

コンクリートうちっぱなしの部屋は遮音性が高いので、隣の部屋の生活音が聞こえにくいです。

生活音に関する住民トラブルも起こりにくいので、安心して過ごせます。

実際にコンクリートうちっぱなしの物件に住んでいますが、隣の部屋の音は全く聞こえません。

2.コンクリート打ちっぱなしのデメリット

コンクリート打ちっ放しのデメリット1:夏は暑く、冬は寒い

僕が住み始めたのが、12月でした。内見のときに不動産の人にも散々言われましたが、大丈夫だろうと思っていました。住み始めて分かりました。マジで寒い。冬は常に暖房をつけて過ごしています。

夏は真逆でマジで暑い。冷房は必須です。

これは覚悟したほうがいいです。

コンクリート打ちっぱなしのデメリット2:光熱費が高い

夏は冷房、冬は暖房。高くなるのは、当たり前です。

僕は一人暮らしですが、電気代とガス代合わせて1万円超える月もあります。

家賃にプラスでこんなに掛かるとゾッとしませんか?

コンクリート打ちっぱなしのデメリット3:家賃が高い

コンクリート打ちっぱなしの物件はデザイナーズマンションが多いと思います。

デザイナーズマンションは一般的な物件の家賃よりも高いです。

しかも、若い人たちに人気で空室待ちが起こっている物件も少なくありません。多少家賃が高くても希望者が多い場合はさらに家賃が上がる可能性もあります。

僕が住んでいるマンションもすぐに満室になってました。

3.まとめ

いかがでしたか?デメリットが多いように感じますね。

ただ、これが実際に僕が住んでみて実感したことです。

とはいえ、現在もコンクリート打ちっぱなしの物件に住んでいて、とても気に入ってます。

お洒落で心地よい空間で、一人で暮らしていても全く憂鬱になりません。

みなさんもぜひ、コンクリート打ちっぱなしの物件も考えてみてはいかがですか。